Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
女優・タレント

吉本闇営業による謹慎問題への批判派と擁護派のコメントは?分かれる世間の評価!

こんにちは。ぽわです。

吉本興業所属の芸人11人が、反社会勢力との闇営業を理由に11人の芸人に対し謹慎処分を言い渡しました。

また、ワタナベエンターテインメントのザブングル2人も同様に謹慎処分となり、併せて13人がこの問題で謹慎となっています。

お笑いコンビの「スリムクラブ」と「2700」は、より重い無期限謹慎処分を受けています。

この問題を受けて、多くの番組はSNSで芸人仲間、タレントのみなさんがコメントをしているのですが・・・

謹慎処分を受けた芸人たちに厳しい意見を言う人たちと、擁護する意見を言う人たちで分かれています。

そして、そのコメントを受け、今度はコメントをした芸人仲間やタレントが世間から評価される事態となっています。

そこで、今回は、謹慎問題への芸人仲間やタレントの意見、そして、それに対する世間の評価をご紹介します。

批判派

田村淳さん(ロンドンブーツ1号2号)

相方の田村亮さんが、闇営業問題で謹慎処分を受けることになりました。

闇営業の報道がなされたとき、亮さんは一度否定をしています。

そして、相方の淳さんは、亮さんは今まで一度も嘘をついたことがないのでみんなはどう思うかわからないけれど自分は亮さんを信じる旨のツイートをしていました。

にも関わらず、亮さんは嘘をついていたことがわかり、淳さんは怒りのツイートを投稿しました。

長年一緒にやっている淳さんと亮さんなので、怒りながらも最後はコンビ愛も感じられるツイートでした。

最初の亮さんを信じるツイートを知っている方も多かったので、多くの方が淳さんに共感しました。

スポンサードリンク

千原ジュニアさん(千原兄弟)

25日放送の「ビビット」で、問題が発覚した時に先輩芸人である宮迫さんと田村亮さんが矢面に立ち、記者会見を開くべきだったとおっしゃっています。

そして、今回謹慎処分を受けることになった時にも、記者会見を開き全てをさらけ出すべきだったとコメントしています。

また、謝罪文で「間接的に」金銭を授受したといった表現があったことも指摘し、謝罪文に不要だと一刀両断しています。

それを受け、「至極全うな意見」「一番納得できた」「好感が持てた」などと多くの肯定的な意見が出ました。

近藤春菜さん(ハリセンボン)

25日放送の「スッキリ」で涙を流しながらコメントしました。

「何で、芸人になったか。自分のお笑いを求めてくれて、喜んでくれる人が自分自身のお笑いを認めてくれて、正規のルートでオファーしてくれることが大事だと思う。

会社を通してもいろいろあるんだと思うけど、正規のルートで認めてくれた、

自分の笑いを求めてくれている人たちに向けて私は笑いを提供してほしい。

盛り上がるから、喜ぶからと言って、裏でこそこそして、笑いを届けるのはやっぱり気持ち良くない。

私はもうここまで大きくなったし、謹慎された皆さんだけじゃなくて、芸人は今一度、認め直して、そういう機会だなと思う」

引用:スポニチ

これに対し、芸人を擁護しているという意見も一部あるようですが、私は厳しく批判している意見だと受け取りました。

お笑いを愛し真剣に向き合ってるからこそ、芸人皆襟を正すべきだとおっしゃっているのではないでしょうか。

感情が溢れながらコメントする近藤さんに惹き込まれたという意見も多かったようです。

スポンサードリンク

擁護派

陣内智則さん

芸人である陣内さんがTwitterで次のようにコメントしています。

最後の一文に疑問を呈する人が多かったようです。

反社会勢力とのつながりや嘘があれば、一般社会では通用しない、復帰の話なんて早い、内輪に甘い、などとツイートが大炎上することになりました。

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんも反省後のことに触れていますが、あくまでも「厳しい目を向け続けたい。またコンビの活動を続けられたら。」といった内容です。

謹慎処分を受けた亮さんに厳しくありながらも相方としての自身の希望を伝えた淳さんに対し、マスコミや世間に対し温かく迎えてもらえる時代で・・とマスコミや世間批判のようにも聞こえます。

スポンサードリンク

サバンナ高橋さん

25日に「直撃LIVE グッディ!」で、金銭の授受を認めると解雇につながると怖くなる気持ちはわかる、仕事がない人がネタを必要とする人のところに行ってお金をもらいたい感覚の人もいる、などとコメントしました。

これに対し、どんな理由であれ闇営業はダメに決まっている、かばいすぎている、先輩後輩関係なくコメンテーターなら意見しろ、などと批判的な意見が出ました。

一方で、先輩芸人に対してのコメントだから言いづらいのはわかる、目が泳いでるけれど大丈夫か、などと歯切れの悪いコメントに理解をしめる意見もありました。

最後に

謹慎問題への芸人仲間やタレントの意見、そして、それに対する世間の評価をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

批判派は一定の評価を受け、一方擁護派は炎上したり批判する意見が多く出たことからも、この問題に対する世間の反応は一目瞭然ですよね。

一般社会ではNGなことが、芸人の世界でOKなはずがありません。

今回の問題をきっかけに、クリーンな会社・体制になってもらいたいです。

ABOUT ME
アバター
powa
はじめまして。小学生と幼稚園児の2人を子育て中のぽわです。 普段の生活で気になる話題を、どんどん発信していきます。