Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
飲料

やさしい麦茶の濃縮タイプを使ってみた感想は?ペットボトルと軍配はどちらに?

麦茶

こんにちは。ぽわです。

急に暑い日が増えてきて、我が家では麦茶の消費が増えてきました。

先日、SUNTORYグリーンダカラのやさしい麦茶から、新しく濃縮タイプが発売されるとご紹介しました。

4月16日に発売だったのですが、近所のスーパーでなかなか見つけられず。

すると、別のスーパーで発見したのでさっそく購入してみました。

そこで、実際に使ってみた感想をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

「グリーンダカラやさしい麦茶」濃縮タイプとは?

このような小さいコーヒー缶サイズです。

パッケージは、ペットボトルのやさしい麦茶と同じですね。

やさしい麦茶濃縮缶

側面には、作り方が記載されています。

水とまぜてすぐできるのがポイントですね!

やさしい麦茶濃縮缶

そして、水の量によって濃さを調節できることが書いてあります。

やさしい麦茶濃縮缶

「グリーンダカラやさしい麦茶」濃縮タイプの使い方

では、さっそく作ってみます。

①容器に缶の中身を注ぎます。

やさしい麦茶濃縮缶

②そこに水を注げば完成です!

やさしい麦茶濃縮缶

カルピスなどと同じ要領なので、とても簡単ですね。

「グリーンダカラやさしい麦茶」濃縮タイプの水の量は?

パッケージには、「濃いめの1L」「スッキリ味の2L」と書いてあります。

1Lと2Lでは大きく違うので、どれだけ味が違うのか試してみました。

家にある容器が1.8Lまでだったので、水1L、1.4L、1.8Lで作ってみましたよ。

まず、右が水1L、左が水1.4Lです。

グリーンダカラやさしい麦茶濃縮タイプ

見た目にはこの程度差があります。

水1Lの方は、茶葉の渋みが感じられました。ウーロン茶までは濃くありませんが、あのような渋みが好きな方にはこのくらいがいいのではないでしょうか?

一方、水1.4Lの方はとても飲みやすかったです。

ペットボトルのやさしい麦茶に近い気がします。

次に、水1.8Lで作ってみます。

右が水1L、左が水1.8Lです。

グリーンダカラやさしい麦茶濃縮タイプ

水1.4Lでちょうどよかったので、やはり薄く感じます。

赤ちゃんの水分補給にはこの程度でもいい気がしますが、普通に飲むには物足りないかな。

濃さを調節できるのが濃縮タイプの魅力なので、ぜひ好みの味を見つけてくださいね。

スポンサードリンク

「グリーンダカラやさしい麦茶」濃縮タイプの値段は?

前回の記事で、希望小売価格で1缶115円とご紹介しました。

今回、私が購入したスーパーではこのようになっていましたよ。

グリーンダカラやさしい麦茶濃縮

1本98円、6本入りで578円(1本あたり96円)です。

「グリーンダカラやさしい麦茶」2Lのペットボトルについても、前回1本約160円とご紹介しましたが、スーパーでは120円程度で売られているところもあるようですね。

そこで、濃縮タイプの缶の値段は、ペットボトルの約8割の値段と考えればよさそうです。

ペットボトルと濃縮タイプを比較すると?

今回、濃縮タイプを使ってみたうえで、ペットボトルと比較をしてみました。

参考までに、一般的なティーバッグの麦茶も併せて比較してみましたよ。

ペットボトル ティーバッグ
持ち運び
保管
手軽さ
コスパ

味について

濃縮タイプの味については、ペットボトルのやさしい麦茶同様おいしかったです。

ただ、水の量によって味の濃さに変化が出るので、ペットボトルに比べると安定しないという理由でペットボトルに軍配をあげました。

とは言え、水の量を毎回決めれば問題ありませんし、逆に濃さを調節できるというメリットもあります。

持ち運びについて

前回の記事でもご紹介しましたが、濃縮タイプの缶は、ペットボトルの10分の1の重さです。

なので、スーパーで購入後、家まで運ぶのはとても楽です。

濃縮タイプの缶に軍配をあげました。

保管について

保管についても前回の記事でご紹介しましたが、濃縮タイプは小さい缶なので保管に広いスペースを必要としません。

また、缶は重ねられるのも便利ですね。

そこで、濃縮タイプの缶に軍配をあげました。

手軽さについて

開ければすぐ飲めるペットボトルに比べると、濃縮タイプは手軽さでは劣ります。

しかし、ティーバッグで煮出したり水出しする手間に比べると、かなり手軽と言えるのではないでしょうか。

私は、この点に一番魅力を感じました。

コスパについて

濃縮タイプは2Lのペットボトルと比べると、約8割の値段なので、1.6Lの水で作れば同じですね。

濃い方が好みの方は、ペットボトルの方が少しお得となります。

逆に、スッキリと薄い方が好みの方は、濃縮タイプのほうがお得になります。

そこで、コスパについては、引き分けとしました。

最後に

SUNTORYグリーンダカラのやさしい麦茶、濃縮タイプについて、実際の作り方と作ってみた感想をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

濃縮タイプは、ペットボトルとティーバッグのマイナスポイントを補う商品だという印象です。

ペットボトルを普段使いしている方で、重さや保管スペースを悩んでいる場合は、濃縮タイプの購入を検討するといいかもしれません。

一方、ティーバッグを普段使いしている方は、すぐに飲みたい!という時のために、濃縮タイプを保管しておくと便利かもしれませんよ。

我が家では、お茶を水筒に入れようとしたら足りない!ということが多々あるので、非常時のためにすぐ作れる濃縮タイプを常備しようと考えています。

ぜひみなさんも、試してみてくださいね。

 

 

ABOUT ME
アバター
powa
はじめまして。小学生と幼稚園児の2人を子育て中のぽわです。 普段の生活で気になる話題を、どんどん発信していきます。