Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
お金

「ゆうちょPay」使えるお店やメリットは?合計5億円キャンペーンの詳細は?

キャッシュレス

こんにちは。ぽわです。

キャッシュレス化が進む中、PayPay、ApplePay、LINEPay、メルペイなどなど、なんとかPayが次々と出てきています。

そんな中、5月からサービスが開始されるのが、「ゆうちょPay」です。

そこで、「ゆうちょPay」がどんなお店で使えて、どんなメリットがあるのかご紹介したいと思います。

また、サービス開始に伴って、合計5億円のキャンペーンも始まるそうなので併せてご紹介しますね。

スポンサードリンク

「ゆうちょPay」とは?

コード読み取りで支払いが可能となる、ゆうちょのスマホ決済アプリです。

2019年5月8日(水)からサービス開始となります。

ゆうちょのスマホ決済アプリなので、ゆうちょ銀行に本人名義の総合口座(通常貯金)を持っている必要があります。

振替口座、通常貯蓄貯金口座、キャッシュカードを利用していない総合口座(通常貯金)では使えません。

「ゆうちょPay」のメリットとは?

スマホ決済に興味はあっても、メリットがなければなかなか導入しませんよね。

そこで、「ゆうちょPay」のメリットをまとめてみました。

  • 現金不要
  • 事前チャージ不要
  • 使いすぎの心配がない
  • 払込取扱票による公共料金などの支払いが可能
  • 駅の券売機で貯金を引き出せる(東急線)

他にも、2019年8月以降には、お店を割引で利用できるお得なクーポンが配信される予定となっているので、期待したいですね。

それでは、それぞれについて詳しくみてみましょう。

現金不要

当たり前のことですが、スマホ決済になることで、お会計で現金が不要になります。

現金が足りずにATMを探したり、支払いで小銭が増えたりすることもなくなります。

最初はスマホ決済に戸惑うかもしれませんが、慣れるととてもスムーズですよ。

事前チャージ不要

スマホ決済には、いろいろな決済方法があります。

例えば、コンビニで事前チャージしてその範囲内で利用したり、紐づけたクレジットカードから後払いしたり、銀行口座からその場で引き落とされたり。

「ゆうちょPay」は、ゆうちょ銀行の口座からその場で引き落とされます。

なので、アプリをスマホに導入したら、ゆうちょ銀行の口座を登録しておくだけ。

あとは、支払い時に「ゆうちょPay」を使うだけで、ゆうちょ銀行の口座から引き落とされることになります。

事前チャージする必要がないのはとても便利ですね。

使いすぎの心配がない

「ゆうちょPay」は、先ほどご紹介したように、ゆうちょ銀行の口座から即時決済となります。

なので、登録したゆうちょ銀行の口座に入っている残高の範囲内でしか決済できません。

なので、使いすぎの心配がないんですね。

とは言え、残高がたくさんある場合は使いすぎが気になるかもしれません。

そのような場合は、1日200万円、1か月500万円の範囲内で利用可能な上限金額を設定できるようなので、設定しておくと安心ですね。

払込取扱票による公共料金などの支払いが可能

私は、払込取扱票(請求書)での支払いを面倒に感じることがあるのですが、「ゆうちょPay」で支払いが可能になるそうです。

郵便局に行かずに支払いが完了するのは便利ですね。

ただし、「ゆうちょPay」が利用できる払込取扱票(請求書)を取扱う企業への支払いに限定されるそうです。

「ゆうちょPay」のロゴとQRコードが印字されている払込取扱票(請求書)に限ります。

駅の券売機で貯金を引き出せる(東急線)

一部の路線でのみ利用可能なサービスですが、駅の券売機でATMのようにゆうちょ銀行から貯金を引き出せます。

「ゆうちょPay」アプリで引き出す金額を指定し、QRコードを券売機にかざすことで、引き出せるそうです。

1万円、2万円、3万円のいずれかを指定できるそうで、手数料は平日1件につき108円となるそうです。

東急線のうち、世田谷線、こどもの国線は対象外となっています。

スポンサードリンク

「ゆうちょPay」を使えるお店は?

2019年7月3日現在、使えるお店は次のようになっています。

コンビニ

  • ミニストップ

ドラッグストア

  • キムラヤ
  • ウェルシア
  • ハックドラッグ
  • ダックス
  • ハッピー・ドラッグ
  • B.B.ON
  • マルエドラッグ
  • 金光薬品
  • COLOR STUDIO

家電

  • ヤマダ電機
  • マツダデンキ
  • ツクモ
  • ベスト電器
  • エディオン
  • 100満ボルト
  • ケーズデンキ

ファストフード

  • 松屋
  • 松のや

その他小売店などは、ホームページでご確認ください。

まだまだ使えるお店が少ない印象ですが、順次拡大予定だそうですよ。

現在分かっているお店をいくつかご紹介しますね。

  • 松屋(2019年5月中旬予定)
  • MINI STOP(2019年6月予定)
  • 東急ハンズ(2019年6月予定)
  • はなまるうどん(2019年8月予定)
  • Kiosk(2019年秋予定)

また、「ゆうちょPay」は、他の銀行Payに対応している加盟店での利用も可能になっていくそうです。

対応時期は、銀行によって異なるそうです。

現在、横浜銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行が既に銀行Payを導入していますし、今後りそな銀行、埼玉りそな銀行なども導入予定とのこと。

使えるお店が増えてくると、大きなメリットを感じられそうですね。

合計5億円もらえるキャンペーンは?

「ゆうちょPay」アプリのサービス開始に伴いキャンペーンが行われます。

先着100万名に「ゆうちょPay」登録で500円プレゼント

2019年5月8日(水)~2019年9月30日(月)
※対象人数に達したら終了

「ゆうちょPay」アプリをインストールし、ゆうちょ口座などの登録をすることでプレゼントを受けられるそうです。

先着100万名なので、期間終了前には終わりそうな予感がします。

例えば、メルペイはサービス開始63日で100万名、au Payはなんとサービス開始10日で100万名に到達しています。

気になる方は早めに登録しましょう。

私の場合、5月8日に登録し、6月28日に500円振り込まれていましたよ!

最後に

「ゆうちょPay」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

事前チャージ不要なので、使いやすいスマホ決済アプリになりそうですね。

現段階では使えるお店が少ないですが、今後増えてくることに期待しましょう。

ABOUT ME
アバター
powa
はじめまして。小学生と幼稚園児の2人を子育て中のぽわです。 普段の生活で気になる話題を、どんどん発信していきます。