Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
オリンピック

東京オリンピック【閉会式】の座席やチケット価格、会場への行き方は?

こんにちは。ぽわです。

2020年の東京オリンピックで、多くの方が観たいと思うのが開会式や閉会式ではないでしょうか?

多くの国の選手が一堂に集まるので、迫力もあり、盛り上がりもすごいですよね。

せっかく東京で開催されるので、実際にあの雰囲気を味わってみたいと思う方も多いかもしれませんね。

その際に必要となるのがチケット。

そして、チケット購入を検討する際に考えなければいけないのが、どの席種のチケットにするかです。

もちろん、この席種によってチケットの価格が変わってきます。

そこで、今回は閉会式の会場と、どの席種がどこになるのかシートマップ、席種別のチケット価格、さらに会場への行き方についてご紹介したいと思います。

閉会式の会場はどこ?

東京2020オリンピックの閉会式の会場は、オリンピックスタジアムです。

オリンピックスタジアムとは?

国立競技場があった場所に、新しく建設されています。

今大会では、閉会式の他、開会式・陸上競技・サッカーが行われます。

大会後は各種スポーツ・文化関連イベントに使用される予定だそうですよ。

スポンサードリンク

収容人数

68,000人

所在地

東京都新宿区霞ヶ丘町10番2号

地図

アクセス

オリンピックスタジアムまでの行き方は、以下の通りで検討中とのことです。

徒歩での所要時間など、詳細が発表され次第更新します。

JR総武線「信濃町駅」「千駄ヶ谷駅」下車徒歩
東京メトロ半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」下車徒歩
東京メトロ副都心線「北参道駅」下車徒歩
東京メトロ銀座線「外苑前駅」下車徒歩
都営大江戸線「国立競技場駅」下車徒歩

アクセシブルルート:「信濃町駅」「千駄ヶ谷駅」「青山一丁目駅」「外苑前駅」「国立競技場駅」(想定中)

東京2020オリンピックでは、各会場にアクセシブルルートバリアフリー対策が行われるルート)が設定されています。

オリンピックスタジアムにおけるアクセシブルルートは、東京メトロ有楽町線「信濃町駅」「千駄ヶ谷駅」「青山一丁目駅」「外苑前駅」「国立競技場駅」を想定しているそうです。

アクセシブルルートとは、アクセシビリティに配慮が必要な観客に対して、競技会場と一部の観客との間に設定する経路のこと。

参考までに、現在のオリンピックスタジアムへのアクセスをご紹介しますね。

JR総武線「千駄ヶ谷駅」「信濃町駅」下車徒歩約5分
都営大江戸線「国立競技場駅」下車徒歩約1分
東京メトロ銀座線「外苑前」下車徒歩約15分
都営バス 早81「渋谷駅」から乗車、「千駄ヶ谷駅前」下車徒歩約5分
都営バス 黒77「目黒駅」から乗車、「千駄ヶ谷駅前」下車徒歩約5分
ハチ公バス 神宮の杜ルート「渋谷駅」から乗車、「千駄ヶ谷駅(東京体育館)」下車徒歩約1分

スポンサードリンク

閉会式のシートマップとチケット価格は?

8月9日(日)に開催される閉会式のシートマップですが、まだ公開されていません。

分かり次第、更新しますね。

また、チケット価格もご紹介しているので、参考にしてください。

ちなみに、東京2020みんなで応援チケットで観覧する場合は、E席になりますよ。(2019/7/31 公式HPで販売終了となっています。)

A B C D E
閉会式 220,000 177,000 82,000 35,000 12,000

チケット価格は12,000円~220,000円と、オリンピック通して開会式の次に高い価格となっています。

最後に

東京2020オリンピックで行われる閉会式に焦点を当てて、会場への行き方や席種による場所(シートマップ)、チケット価格をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか?

シートマップなど、まだ検討中の部分もあるので判明したら更新していきたいと思います。

ABOUT ME
アバター
powa
はじめまして。小学生と幼稚園児の2人を子育て中のぽわです。 普段の生活で気になる話題を、どんどん発信していきます。