Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
オリンピック

東京オリンピックチケット落選者の救済措置決定!セカンドチャンスの詳細は?

こんにちは。ぽわです。

とってもうれしいニュースが飛び込んできました!

なんと、東京オリンピックの抽選販売で落選した人向けに、救済措置「セカンドチャンス」がなされることになったんです。

1枚も当たらなかった我が家もとても嬉しいです。

詳細についてご紹介しますね。(2019/7/30加筆・修正しました。)

セカンドチャンスに申し込める人は誰?

申し込めるのは、次の条件を満たす人だそうです。

6月に行われた抽選申込で、1枚も当選しなかった

今回、このような人があまりにも多かったそうで救済措置「セカンドチャンス」が決定したそうです。

1枚でも当選した人、抽選申込に参加しなかった人は対象外となります。

対象外となっている方もシステム上申し込めるそうですが、落選となるそうですよ。

対象外の人も申し込めるが、自動的に落選となります。

ちなみに、当選したけれど購入しなかった人も予想を上回ったそうで、そのようなこともセカンドチャンス実施の背景にあるようですね。

スポンサードリンク

セカンドチャンスの日程は?

具体的な日程が発表されました。

抽選申込期間:2019年8月8日(木)未明~8月19日(月)11:59
抽選結果発表:2019年9月11日(水)
購入手続期間:2019年9月11日(水)~9月24日(火)23:59

セカンドチャンスの対象セッションは?

対象となるセッションは、6月の抽選申込より減ります。

ただし、予想に反してメダルが決まるセッションも含まれていますよ!

決勝等メダルセッション

  • 水泳(飛込)
  • 陸上競技
  • 陸上競技(マラソン)
  • 野球
  • ソフトボール
  • カヌー(スプリント)
  • 自転車競技(マウンテンバイク)
  • 自転車競技(ロード)
  • 馬術(馬場馬術)
  • フェンシング
  • サッカー
  • ホッケー
  • 近代五種
  • ラグビー
  • テコンドー
  • ビーチバレーボール
  • ウェイトリフティング

17競技が対象となります。

陸上競技は男子10000m決勝が含まれるセッション、男子100m決勝表彰式が含まれるセッションのようです。

サッカーやバスケットボールは、女子のメダルが決まるセッションのようです。

予選セッション

  • 水泳(飛込)
  • 水泳(水球)
  • 野球
  • ソフトボール
  • バスケットボール
  • カヌー(スプリント)
  • サッカー
  • ゴルフ
  • 体操(体操競技)
  • ハンドボール
  • ホッケー
  • ボート
  • ラグビー
  • テコンドー
  • ビーチバレーボール
  • バレーボール
  • レスリング

こちらも、17競技が対象となっています。

予想通り、野球・ソフトボール、サッカー、バスケットボールなど座席数が多い球技が含まれましたね。

テニスは含まれていませんでした。

大人気だった、開会式や閉会式、メダル決定戦は対象外です。

具体的なセッションの日時、競技会場、チケット価格は公式サイトの「第1次抽選の追加抽選販売 セッション情報・チケット価格一覧」を参考にしてください。

これだけの競技が対象となっているのですが・・・

申し込めるのは1セッションのみ(メダルセッションは4枚、予選セッションは6枚)となっています。また、競技によってセッションの時間や含まれる試合数なども違うので、必ず公式サイトを確認してくださいね。

2セッション以上申し込んだ場合、自動的に落選となってしまう。

対象セッションの時間や試合数は公式サイトで確認を。

気になる競技があれば、日程などこちらにまとめているので、参考にしてくださいね。

セカンドチャンスのチケット種類は?

今回、セカンドチャンスで発売されるチケットの種類は3種類です。

  • 一般チケット
  • 車いすユーザーチケット
  • 同伴者チケット

なんと、「東京2020みんなで応援チケット」が含まれていません。

公式サイトを確認したら、「東京2020みんなで応援チケット」は販売終了となっていました。残念です。

カスケードサービスは?

チケット申し込み時に指定した席種が落選しても、一つ下の席種のチケットが販売定数に達していない場合に、一つ下の席種も抽選対象となるカスケードサービス

例えば、席種Aで申し込み落選した場合でも、カスケードサービスを申し込んでおり席種Bが販売定数に達していなければ、席種Bでも抽選対象となるので、当選確率がアップするんですね。

そんなカスケードサービス、セカンドチャンスでも設定できるそうです!

もしセカンドチャンスにも外れたら・・・?

できれば救済措置のセカンドチャンスでチケットをゲットしたいですが、もし落選してしまったら次のチャンスにかけましょう!

今回のセカンドチャンスの発表と共に、今後の予定についても変更があったそうなので詳しくはこちらの記事を参考にしてくださいね。

最後に

オリンピックの抽選申込に外れた、落選した人向けの救済措置「セカンドチャンス」が決定しました。

直前の変更が多く、現場も混乱しているのかなと思いますが、このような措置は落選した人にはとてもうれしいですよね!

ただ、前回「東京2020みんなで応援チケット」で申し込んだ我が家は、今回一般チケットで申し込むか悩むところです。

子どもたちが興味あるセッションが野球くらい。。。

秋の抽選で他の希望するセッションに申し込むかもしれません。

申し込みされる方は、当選することを願いましょう。

ABOUT ME
アバター
powa
はじめまして。子育て中のぽわです。 普段の生活で気になる話題を、どんどん発信していきます。