Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ選手

東京オリンピックのイケメンメダル候補!フェンシングの見延和靖選手とは?

こんにちは。ぽわです。

東京オリンピックまで500日を切りましたね。

スポーツ選手へのインタビューでは、オリンピックを意識した質問が多く聞かれるようになりました。

いよいよ近づいてきているなという感じがします。

さて、今回は東京オリンピックのメダル候補と言われているフェンシングの見延和靖選手についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

見延和靖選手のプロフィールは?

見延和靖(みのべかずやす)選手のプロフィールをご紹介します。

1987年7月15日生まれ

福井県越前市出身

177cm

B型

法政大学出身

小学生では空手、中学生ではバレーボールをやっていたという見延選手。

フェンシングを始めたのは、フェンシングをやっていたお父さんに勧められたからだそうです。

体験をしてみると自分に合っていると感じ、武生商業高校でフェンシングをすることに。

その後、法政大学へ進学。

大学時代には、多くの大会で優勝していますが、特にすごいの4年生の時。

関東学生、関東学生リーグ戦、全日本王座決定戦、全日本大学対抗選手権、全日本選手権の団体戦全て優勝し5大会制覇したそうです。

大学入学後しばらくは、エペとフルーレの両方をやっていたそうですが、元々エペのほうが自分の性格に合っていると感じていたそうで、現在はエペの選手として活躍されています。

エペとは、フェンシングの中でも全身が有効面で相手を突けばポイントが入るシンプルな種目です。

見延和靖選手ってどんな人?

そんな見延選手ですが、一体どんな人なのでしょうか?

さわやかイケメン

見延選手。実は、2016年07月に発売された「an an」の「オリンピック男子 ルックスも実力もピカイチ!注目アスリート22名」に掲載されていました。

かっこいいですよね。

東京オリンピックでも、実力と共にイケメン選手として注目されるのではないでしょうか?

筋肉

競技用の服を着ているとわかりませんが、脱いだらすごいです!

スポーツ選手だから筋肉くらいついているだろうと思うでしょうが、想像のはるか上をいっていました。

コーチからそんなに筋肉いらないと言われたというエピソードがあります。

他の選手と比べても、特別筋肉がすごいですよね。

見延選手曰く、当たり負けしないように鍛えているそうですよ。

 

スポンサードリンク

見延和靖選手の成績は?

見延選手がやっているエペは、競技人口が多く、また日本人が勝つのは難しいと言われていたそうです。

そんなエペで、日本人初を次々と叩き出しているのが見延選手なんですね!

これまでの素晴らしい成績をご紹介しますね。

2015年11月 ワールドカップ 個人優勝
2016年 4月 アジアカップ 団体優勝/個人3位
2016年 8月 リオデジャネイロオリンピック 個人6位入賞
2017年 3月 グランプリ 個人2位
2017年 5月 ワールドカップ 団体3位
2017年10月 ワールドカップ 団体3位
2018年 1月 ワールドカップ 個人優勝
2018年 8月 アジア大会 団体優勝
2018年11月 ワールドカップ 個人優勝
2019年 3月 グランプリ 個人優勝
2019年 3月 ワールドカップ 団体優勝
2019年 5月 グランプリ 個人優勝

これまで、ワールドカップで個人3勝団体1勝をあげています。

また、2019年に入り、見延選手はグランプリで2勝を飾っていますが、これは日本フェンシング界の男女・全種目において初めての快挙だそうです。

そして、2019年5月のグランプリ前は、世界ランキング8位だったそうですが、今後3位になる予定だそうですよ。

2020年の東京オリンピックでメダルがかなり有力になってくるのではないでしょうか?

最後に

高校生から始めたフェンシングでこれだけの成績を残してきた見延選手はすごいですね。

それまでに打ち込んできた、空手で培った間合いの取り方や独特のタイミング、バレーボールで培ったジャンプ力。

これらがフェンシングに活かされているんだそうです。

いろいろなスポーツを経験することが、オリンピック選手への道につながることもあるんですね。

メダル候補の見延選手をみんなで応援しましょう!

ABOUT ME
アバター
powa
はじめまして。子育て中のぽわです。 普段の生活で気になる話題を、どんどん発信していきます。