Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ選手

サニブラウン・ハキーム選手が通うフロリダ大とは?入学前には塾通いも!?

こんにちは。ぽわです。

先日の陸上日本選手権で、100mと200mの2冠を制したサニブラウン・ハキーム選手

現在は、渡米しフロリダ大学で練習に励んでいます。

日本選手権の数週間前には、全米大学選手権100m決勝で9秒97の日本新記録を出し3位に入りました。

200m決勝でも、日本歴代2位の20秒08で3位に入るなど、力をつけています。

サニブラウン選手の成長を後押ししているのが、サニブラウン選手が在学しているフロリダ大学です。

そこで、フロリダ大学についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

フロリダ大学とは?

University of Florida。

FloridaまたはUFとも呼ばれるそうです。

アメリカ合衆国フロリダ州ゲインズビルに本部を置く州立大学で、アメリカ合衆国で3番目の規模の大学です。

31,000人以上が学部に在籍し、14,000人以上が大学院に在籍しているそうです。

ゲインズビルという町にあり、人口の4割がフロリダ大学の学生だそうですよ。

プロゴルファーの東尾理子さんも、フロリダ大学の出身です。

ゲーターズ

フロリダ大学のスポーツチームはゲイターズと呼ばれ、「ゲータレード」はフロリダ大学の教授陣が大学のフットボール・チームのために開発したものなんだそうです。

日本選手権で、サニブラウン・ハキーム選手がワニのポーズをしていたことも話題になりましたね。

スポーツマネジメント

このフロリダ大学で、サニブラウン選手はスポーツマネジメントを専攻しているそうです。

サニブラウン選手は、一生陸上をやっているわけではないので、選択肢が広い方がいいと考えているようです。

また、その選択肢について次のような記事もあります。

海外の大会への参加手続きで苦労した経験から引退後の選択肢として代理人に興味を持ち、国際的な視野でスポーツマネジメントを学びたかったという。

引用:毎日新聞

恵まれた練習環境

フロリダ大の陸上競技場には、最新の機器が整備されているそうです。

コーチたちとフランクに話せる環境も魅力の一つだと、サニブラウン選手はおっしゃっています。

世界中から実力者が集まることで切磋琢磨でき、実力も意識もどんどん変わっていったそうですよ。

スポンサードリンク

文武両道

サニブラウン選手はスポーツマネジメントを専攻していますが、陸上の練習ばかりして授業には出ていないんじゃないの?と思われるかもしれませんね。

フロリダ大学では、アスリートであっても他の学生と同様に一定の成績が求められるそうです。

一定の学業成績を収めない場合、試合だけでなく練習にも参加させてもらえないこともあるとか。

ちなみに、サニブラウン選手も、1日3つの講義に出席しているそうですよ。

日本選手権に帯同したフロリダ大学のサブコーチも、指導方針について次のようにおっしゃっています。

――フロリダ大での指導方針は?

「彼を他のみんなと同様に扱うこと。ちゃんと授業に行き、良い成績を収め、時間を守って練習やトリートメントに来ることだ」

引用:THE ANSWER

フロリダ大でに限らず、多くの大学にはスポーツ奨学生のための学習施設があるそうです。

学業のアドバイザーやチューターが多数常駐し、授業の組み方、登録の仕方を指導してくれたり、学業優秀な生徒がチューターとして勉強の手伝いを行ってくれるとのこと。

サニブラウン選手も、家庭教師のような制度があり、授業に追いつけなかった部分や宿題の手伝いなど1時間のセッションを受けられる話していたこともあります。

今では、チューターをつけずに一人で勉強できるようになったそうです。

アメリカの大学では、学生の本分は学業というスタンスが確立しており、サポートする仕組みもしっかりあるんですね。

入学するまでに塾通いも!?

高校生の時から陸上で力があったサニブラウン選手なので、特待生のようにスムーズにフロリダ大に入学したと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、次のような記事があり驚きました。

 米国の大学に進学する際、多くの大学がSATと呼ばれる大学進学適性試験と、英語を母国語としない留学生にはTOEFLという英語試験の受験を義務付けている。

SATは英語と数学の2つに分かれており、問題も解答ももちろん英語。

スポーツ奨学生も例外ではなく、各大学の定める点数の獲得が求められる。

そのためサニブラウンは昨年12月頃からテスト対策の塾に通っていた。

部活で疲れて休むこともあったが「アメリカの大学に行きたい」、その一心で、春休みには4~5時間ほどのクラスを取るなど猛勉強を重ねた。

引用:Number Web

学生の本文が学業である以上、スポーツ奨学生であっても学力がある程度求められるんですね。

最後に

恵まれた環境で文武両道がんばっているサニブラウン・ハキーム選手。

陸上漬けかと思いきや、入学の為に勉強し、入学後も単位取得の為に勉強に励んでいるんですね。

それらすべてが自信につながっているのかもしれませんね。

 

ABOUT ME
アバター
powa
はじめまして。小学生と幼稚園児の2人を子育て中のぽわです。 普段の生活で気になる話題を、どんどん発信していきます。