俳優・タレント

間宮祥太朗のピアノ歴など音楽経験は?出身高校・大学などプロフィールは?

こんにちは。mpです。

2022年冬ドラマ「ファイトソング」で、落ちぶれた一発屋ミュージシャン芦田春樹を演じているのが、間宮祥太朗(まみやしょうたろう)さんです。

ミュージシャン役の間宮祥太朗さんなので、ピアノ歴など音楽経験が気になりますよね。

そこで、出身高校や大学などプロフィールとあわせて調べてみました。

スポンサードリンク

間宮祥太朗の出身高校・大学などプロフィールは?

さっそく、間宮祥太朗(まみやしょうたろう)さんのプロフィールをご紹介します。

本名:馬渡祥太郎
誕生日:1993年6月11日
出身地:神奈川県横浜市
身長:179 cm
足のサイズ:28cm
血液型:O型
【SNS】
Instagram:shotaro_mamiya
Twitter:@shotaro_mamiya

神奈川県横浜市出身で、現在29歳です。

所属事務所は、トライストーン・エンタテイメント。

トライストーン・エンタテイメントと言えば、小栗旬さん、田中圭さん、綾野剛さんなど、大人気実力派俳優がたくさん所属している事務所ですよね。

中学生の時に、同じ中学の先輩に雑誌モデルの誘いを受けたことがきっかけで、ティーン向け雑誌『Hana*chu→』の読者モデルとなります。

特集が組まれるほど大人気だったそうですが、2008年「スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜」で俳優デビューします。

2017年公開の映画『帝一の國』や、2018年放送のNHK朝の連ドラ『半分、青い。』あたりで知った方も多いかもしれませんね。

横浜市出身の間宮祥太朗さんですが、小学生の時から打ち込んできた野球をやりたいと中学受験をし、法政大学第二中学校に入学しています。

偏差値が68ととても高いですよね。

野球は途中で辞めてしまったそうですが、高校は偏差値の高い単位制の県立高校・神奈川総合高校に入学しています。

この頃芸能活動を既に始めていたので、勉強と芸能活動の両立凄いですよね。

ちなみに、大学には進学していないようです。

スポンサードリンク

間宮祥太朗のピアノ歴など音楽経験は?

ドラマ「ファイトソング」でミュージシャン役をやっている間宮祥太朗(まみやしょうたろう)さんなので、音楽経験が気になりますよね。

趣味や特技に「ギター」や「音楽鑑賞」とあります。

野球部を辞めたことをきっかけに、中学2年生からギターを始めたそうです。

現在も数本所持しているそうですよ。

高校生の時には4人でバンドを組んでいたそうで、間宮さんはボーカル、曲によってはギターも弾いていたそうです。

この時から曲も作っていたそうなので、多才なんですね。

俳優としてだけでなく歌手としても大活躍の菅田将暉さんにギターを教えたのが、俳優の永嶋柊吾さんなんだそうですが、その永嶋柊吾さんにギターを教えたのが間宮祥太朗さんや俳優の大賀さんなんだそうですよ。

バンドでボーカルを務めていたということで、歌が上手いのも納得ですが、ドラマ「ファイトソング」の第1話では、ピアノの弾き語りシーンがありましたよね。

ピアノ歴はどうなのでしょうか。

インタビュー記事を探してみたところ、「ピアノ経験がなかったのでピアノがすごく難関で、10月末くらいから練習しました。」と話していたんです!

1月頭の放送だったので、1か月~1か月半程度しか練習できていないはずですよね。

それで、あれだけ弾き語りできるなんて凄すぎます。

スポンサードリンク

最後に

間宮祥太朗さんについて、ピアノ歴など音楽経験や、出身高校や大学などプロフィールをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

ぜひ注目してみてくださいね。