女優・タレント

伊原六花(いはらりっか)と韓国やバブリーダンスとの関係や本名は?結婚してる?

こんにちは。mpです。

2023年冬ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』で、広瀬すずさん演じる浅葱空豆が上京して初めてアルバイトをする蕎麦店「大野屋」の店員・丹沢千春を演じるのが、伊原六花(いはらりっか)さんです。

そこで今回は、伊原六花(いはらりっか)さんのプロフィールや本名、韓国、バブリーダンスとの関係や、結婚しているかどうかについて調べてみました。

スポンサードリンク

伊原六花(いはらりっか)の本名などプロフィールは?

さっそく、伊原六花(いはらりっか)さんのプロフィールを簡単にご紹介しますね。

本名:林沙耶
誕生日: 1999年6月2日
出身地:大阪府大阪狭山市
血液型:A型
身長:160cm
【SNS】
Instagram:@rikka.ihara.official
Twitter:@rikka_ihara

大阪府出身で、現在23歳です。

本名は林沙耶さんとおっしゃるそうです。

4歳からバレエを習い、幼少期の夢はミュージカル女優。

小学生の時に「子どもミュージカル」でコーラスやダンスのレッスンを受け、ミュージカルにも出演していました。

高校在学中に芸能事務所のフォスターにスカウトされ、2017年10月1日より「伊原六花」の芸名で本格的に芸能活動を開始しています。

ドラマ「チア☆ダン」での麻生芙美役や、NHK朝ドラ『なつぞら』のモモッチこと森田桃代役を演じていますよ。

ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」では、ヒロイン・ジュリエット 役も務めています。

実は、歌手デビューもしているんですよ。

2019年1月に「センチュリー21」のCMソング「Wingbeats」を配信リリースし、歌手デビュー。

更に、テレビアニメ『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』の主題歌「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」にゲストボーカルとして参加しています。

スポンサードリンク

伊原六花(いはらりっか)とバブリーダンスとの関係は?

ご存知の方も多いかもしれませんが、伊原六花(いはらりっか)さんはバブリーダンスで一躍有名となった大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテンなんです!

しかも、2017年8月の「日本高校ダンス部選手権」で発表した「バブリーダンス」でセンターを務めていたのが、伊原六花さんなんです。

当時のバブリーダンスはコチラから視聴できますよ。

スポンサードリンク

伊原六花(いはらりっか)と韓国の関係は?

そんな伊原六花(いはらりっか)さんですが、韓国との関係が気になる方が多いようです。

調べてみたところ、「伊原」という苗字から在日韓国人ではないか?と思った方が多いだけで、実際は全く関係ないようです。

俳優の伊原剛志さんが在日韓国人三世だったことや、松本人志さんの奥さんの伊原凛さんのご両親が在日韓国人二世と韓国人だということなどから、憶測を呼んだのかもしれませんね。

スポンサードリンク

伊原六花(いはらりっか)は結婚してる?

ところで、伊原六花(いはらりっか)さんが結婚しているか気になる方が多いようですが、現在のところそのような噂はないようです。

恋愛観や結婚観については、自身のYouTubeチャンネルで、「ひとめぼれタイプ」「見つけたときはめちゃくちゃアタックする」「結婚願望はある」などと話していますよ。


スポンサードリンク

最後に

伊原六花(いはらりっか)さんの本名などプロフィールや韓国、バブリーダンスとの関係や、結婚しているかどうかについて調べてみましたが、いかがだったでしょうか?

ぜひ注目してみてくださいね。