Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
音楽

佐藤千亜妃の高校や大学、事務所はどこ?結婚してる?赤い公園との関係は?

こんにちは。mpです。

鈴木亮平さん主演のドラマ「レンアイ漫画家」の主題歌「カタワレ」を歌っているのは、佐藤千亜妃さんです。

今回は、佐藤千亜妃さんについて、高校や大学、事務所はどこか、結婚はしているのか、赤い公園との関係をご紹介しますね。

スポンサードリンク

佐藤千亜妃の高校や大学、事務所はどこ?プロフィールは?

まずは、佐藤千亜妃(ちあき)さんのプロフィールをご紹介しますね。

誕生日:1988年9月20日
出身地:岩手県盛岡市
血液型:B型
身長:156cm
趣味:スポーツ、音楽、読書
SNS
Twitter:@chiaki_sato0920
Instagram:@chiaki_sato0920

岩手県盛岡市出身、現在33歳の佐藤千亜妃(ちあき)さん。

「千亜妃」ってとても綺麗ですよね。

本名のようです。

小学生のころに楽器を始め、中学生の時にギターを弾く同級生と出会います。

15歳のころ、友人と「招き猫」というユニットを組み、ゆずや19などのカバーを中心としたアコースティック路上ライブを盛岡駅前で行っていたそうです。

そして、駅前で、ホリプロの社員に何度か声をかけられ、2004年に開催された「第29回ホリプロタレントスカウトキャラバン」に参加。

グランプリを受賞し、高校生の時に上京し芸能界デビューしています。


出典:ORICON

透明感、半端ないですよね!

お父さんが厳しかったそうで、東北大学に行くんじゃなかったのかと怒られたそうです。

2005年から2010年は、女優として「着信アリ」や「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」「ほんとにあった怖い話」など、ドラマや映画に出演していたんですね。

スポンサードリンク

 

大学在学中の2007年には、4人組ロックバンド「きのこ帝国」を結成し、2015年に、EMI RECORDSからメジャーデビューしていますが、2019年にメンバーの脱退に伴い活動休止となります。

現在佐藤千亜妃さんは、ユニバーサルミュージックの邦楽部門であるEMI RECORDSからソロでCDを出して活動しています。

佐藤千亜妃の高校はどこ?

佐藤千亜妃さんは、盛岡の白百合学園に通っていたと言われています。

上京後は、目黒区にある八雲学園高等学校に通っていたようです。

佐藤千亜妃の大学はどこ?

佐藤千亜妃さんは、大学在学中の「きのこ帝国」を結成していますが、大学は立正大学です。

同じ大学の同級生で結成したんですね。

ちなみに、佐藤千亜妃さんは文学部文学科だったようですよ。

佐藤千亜妃は結婚してる?

佐藤千亜妃(ちあき)さんについて調べていると、結婚しているのか気になっている方が多いようです。

現在33歳なので、結婚していてもおかしくはなさそうですよね。

調べてみましたが、結婚はしていないようで、結婚相手になるようなお付き合いをしている彼氏がいるとは公表していないようです。

ただ、インタビューの中で好きな男性について次のように答えていましたよ。

お会計のときに慌てちゃうような不器用な男性のほうが好き

好みかもしれないけど、いつも、いいなと思う人は決まっていて。ペラペラしゃべらない寡黙な人です。人は、人生を語るタイプとそうじゃないタイプに分かれると思うんですけど、後者のほうがグッとくるし、気になってしまう。〝何を考えているんだろうな〟って知りたくなる。

多くをしゃべらないんだけど、要所要所で〝自分の考えがあるんだろうな〟というのが垣間見えると、いい男だなって。どしっとしていて余裕がある感じが男らしいなと。

引用:GINZA

スポンサードリンク

佐藤千亜妃と赤い公園との関係は?

そんな佐藤千亜妃さんですが、バンド「赤い公園」の元メンバーチアキさんと間違われることが多いそうなんです。

というのも、「赤い公園」元メンバー・チアキさんの本名は佐藤千明さん!

字は違いますが、同姓同名だったんですね。

佐藤千亜妃さんもバンド「きのこ帝国」のメンバーなので、間違われやすかったのかもしれませんね。

最後に

鈴木亮平さん主演のドラマ「レンアイ漫画家」の主題歌「カタワレ」を歌う佐藤千亜妃さんについて、高校や大学、事務所はどこか、結婚はしているのか、赤い公園との関係をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

ぜひ注目してみてくださいね。